【本の感想】シャーロット・ジェイ『死の月』

シャーロット・ジェイ『死の月』

1954年 エドガー賞受賞作。

シャーロット・ジェイ(Charlotte Jay)『死の月』(Beat Not the Bones)は、記念すべき第一回のエドガー賞受賞作です。

著者は、オーストラリア出身の作家で、本作品の舞台となっているニューギニアにも居住していたそうです。 アメリカ本国以外が第一回の受賞とは懐が広いですね。

本作品の時代背景は終戦後であり、戦争の傷跡を作中に垣間見ることができます。現地の風俗や、入植者と原住民の関係性など、歴史的な面で興味を惹かれます。ただ、翻訳が古いせいもあって、現在では差別にあたるワードが頻出し、読み進めながら辟易してしまいました。我ながら、随分過敏になったものです。

本作品は、夫が自殺した真の理由を探ろうと奮闘する妻の物語です。

二キューギニアはマパライ島に単身赴任中の文化普及部長で人類学者デーヴィッド・ウォーウィックが自殺しました。夫に全てを委ねていた妻エマは、その報に触れ途方に暮れます。さらに、病床の父もまた衝撃を受け、謎の言葉を残して他界してしまいます。エマは、夫が命を絶ったマパライ島へと、ひとり調査に旅立つのでした。

デーヴィッドは、悪徳商人アルフレッド・ジァウヴを、原住民から金貨を搾取したかどで糾弾していました。エマは、現地に到着すると、上司のトレヴァー・ナイオールへ、ジァウヴによる謀殺説を訴えます。一顧だにしないトレヴァー。エマは孤立無援に陥り、デーヴィッドが自死したエオラへ向かうことを決意するのでした。

原住民は無知蒙昧な人種として描かれており、そこに文明を持ち込み指導をする白人という、従属関係が成り立っています。上から目線がぷんぷん感じられるのですが、ここは翻訳ゆえなのか、著者の姿勢なのかは判然としません。可哀想な未開の人々、でも私は酷いことは口には出しませんよ、というのをエマの態度で表現している印象です。

さて、夫に頼りっきりだったエマですが、すっかり信念の人へと変貌していきます。トレヴァーの妻で夫に支配され老婆のように見えるジャネット、フィリップに翻弄される愛人シルヴィアを登場させ、対比するあたりは巧いですね。ウォーウィックの弟アンソニイによろめいたり、エオラまでの同行をデーヴィッドの部下フィリップ・ワシントンをねじ込んだりと、慇懃無礼ともとれる姿勢で邁進します。

4日の行程で、エマ、フィリップ、そして数人の原住民の一行は、エオラに向かいます。文明から、呪術がまかり通る世界へ。同行者が脱落し、そしてフィリップまでも ・・・ エマが辿り着いた真実とは果たして ・・・ とクライマックスを迎えます。

ラストは概ね想像がつき、皮肉な結末は落としどころとしてはアリでしょう。主要な登場人物たちが人間的な弱さを秘めているように受け止めました。中でもフィリップの壊れっぷりは秀逸です。

本作品は、ミステリとしてというより、エマの自立と近代化に向かう未開の人々が二重写しになった、文芸よりの仕上がりとなっています。

(注)読了したのはHayakawa Pocket Mysteryの翻訳版『死の月』で、 書影は原著のものを載せています 。