【本の感想】長嶋有『タンノイのエジンバラ』

長嶋有『タンノイのエジンバラ』

長嶋有作品には、そこはなとなく寂しさが漂います。

ストーリーは殊更に暗いわけではありませんが、直接に描かれていない事を想像してしまうと、ちょっとキュンとなってしまうのです。主人公たちは、心に傷を負っていても淡々と生きています。辛い、悲しい、苦しいが、ダイレクトに表現されていません。それがゆえに、却って気持ちがざわめいてしまいます。

『タンノイのエジンバラ』は、そんな、ざわめきを感じる短編集です。どの作品の背景にも不倫があるからか、当事者や周辺の人々の痛みに感じ入ってしまいます。

■タンノイのエジンバラ
失業中の男と、隣家の小学校低学年 少女との、ささやかなふれ合いを描いています。

押し付けられるように少女を預けられた男の、突き放したような距離感が良いです。母親に捨てられたのかと疑念を抱きながらも、淡々と少女との会話を重ねる男。それぞれの不幸が見え隠れするものの、それがストレートに表現されていはいません。

■夜のあぐら
愛人の元に奔った父をもつ、姉妹と弟のひと時を描いています。

死期の近づいた父と、愛人、母、そして姉妹、弟それぞれの複雑な思いが交差します。著者の作品には、上手くいかない夫婦の姿が垣間見える作品が多いですね。例えば、『ジャージの二人』、『パラレル』。(リンクをクリックをいただくと感想のページへ移動します )。心に傷を負いながらも、現実を受け止めて対処していこうとする人々。寂しさ満開の作品です。

■バルセロナの印象
スペインへ観光に訪れた夫婦と、夫の姉とのゆるゆるな日々を描いています。

半年前に結婚した夫婦と、半年前に離婚した姉という御一行で、傷心旅行の趣があります。姉を励ます旅ではあるものの、上手くいかないじれったさが滲み出ています。

■三十路
パチンコ屋でアルバイトをしている、女性の日々を描いています。

上司と不倫の末、前職のピアノ講師を辞めた彼女は、ワンルームにあるグランドピアノの下で寝起きをしています。この時点で切なさをひしひしと感じるのですが、バイト先で知り合った男性との関係と、その結末は、寂しいようで暖かいという不思議な感覚に陥ってしまいます。本短編集のオススメ作品です。

著者の作品は、紆余曲折ある人生に対して、どう向かい合えば良いかのヒントが貰えます。肩肘張って虚勢を張るのではなく、あるがままにを受け入れる、というスンタンスでしょうか。

自分も、他人には淡々としているように見えるそうですが、内心は嵐が吹きっ放しという時もありましたねぇ。今は、歳のせいか、殆ど凪いでいますが。

  • その他の長嶋有 作品の感想は関連記事をご覧下さい。