【本の感想】志水辰夫『背いて故郷』

本の感想 志水辰夫『背いて故郷』

1985年 第4回 日本冒険小説協会大賞受賞作。
1986年 第39回 日本推理作家協会賞受賞作。
1986年 週刊文春ミステリーベスト10 国内部門 第7位。

志水辰夫作品を初めて手にとりました。いわゆるシミタツ節なるものは未経験です。なるほど、叙情的な作風で知られる作家だけに、登場人物たちの心情が、とても精緻に描写されています。凍てつく北国の風景などは、思わず寒気がするほど、臨場感たっぷりです。

第六協洋丸の元船長 柏木は、親友 成瀬の殺害事件に責任を感じていました。柏木は、スパイ船の任務に嫌気がさして、成瀬に後任を引き受けてもらっていたのです。けじめをつけるため、柏木は、成瀬の死の真相を探ろうとします ・・・

ストーリーは、中盤まで間延びした展開です。柏木と、成瀬の妹 早紀子、成瀬の妻 優子との関係を、じっくり描いているからでしょう。甘ったるくなる一歩手前ではあるけれど、ハードボイルドや冒険小説としての怒涛の展開を期待していると、多少退屈することになります。もっとも、ここが、後から効いてくるのですが。

後半、舞台を北海道に移してからは、緊張感が俄然、高くなってきます。そこらのハードボイルドと違って、柏木が、肉体的にも精神的にも、それほど強くないのです。追いつめられ、いたぶられ、命からがらの脱出行が展開されます。仲間を売ってしまって、卑怯な自分自身に嫌気がさすあたり、親近感すら感じてしまいます。死を決意した決戦前夜、柏木が早紀子にドロドロとした心の内を吐露する場面は、感情移入のピークです。胸がアツくなります。

くさいセリフ、ストイックな生き方、必然性のない暴力沙汰は皆無です。日本版ハードボイルドとしては珍しいのかもしれません。ラストは Finishing strokeに近いですね。2回、あっ!と言わせてくれます。ここは、シミタツ節に気をとられていた自分にとっては、嬉しい誤算でした。

難があるとするとタイトルです。他の著作も同様ですが、この昭和過ぎるネーミングでは、手にとることを躊躇させます。少なくとも、自分の趣味ではないなぁ。