【本の感想】ジェームズ・ティプトリー・ジュニア『星ぼしの荒野から』

本の感想 ジェームズ・ティプトリー・ジュニア『星ぼしの荒野から』

ジェームズ・ティプトリー・ジュニア(James Tiptree Jr.)『星ぼしの荒野から』は、ラクーナ・シェルドン(Raccoona Sheldon)名義の作品と、女性作家であることが”バレて”からの作品が収録された短編集です。原著を読んでいるわけではないので、男性作家時代(?)との文体の差異は勿論、分からないのですが、ジェンダー感はこれまでの作品と通底しているように思えます。

本作品集は、ファース・トコンタクト、スペース・オペラ、幻想、終末ものとバリエーションが多く、いずれもシニカルで、苦い後味を残します。

自分のベスト5を以下に挙げてみましょう。

■ラセンウジバエ解決法
女性不要の思想に取り憑かれた世界を描くネビュラ賞受賞作です。ジェノサイドが吹き荒れ、女性がいなくなった未来は果たして ・・・

独特の終末観に彩られた緊張感溢れる作品です。本作品は、必読と言って良いでしょう、今改めて読んでみると、男性によるDVを皮肉った作品とも受け取れますね。 

■われら<夢>を盗みし者
異星人に虐げられた人々は、故郷の星を目指し、宇宙への逃避行を企てます。ようやく辿りついた先で、彼らが目にしたものは何か ・・・

ありがちの結末ですが、悲哀を誘う巧みな表現がなされています。

■スロー・ミュージック
崩壊した世界で出会った男女。旅を決意した二人に待っていたのは ・・・

背景は一切語られませんが、不思議な重苦しさが最終戦争後を予感させます。女性キャラクターのピーチシーフ(桃盗人)という名前が、作品の幻想的なトーンにぴったりです。

■星ぼしの荒野から
敵に追われ地球へ逃げてきた非物質エイリアン。氷河に突入する直前、その意識は、3名の人間に入り込んで ・・・

途中まで、どこへ向かっているのがさっぱりわかりません。読了してみれば、人というものの存在を問い直す味わい深い作品でした。

■たおやかな狂える手に
狂気に駆られた宇宙女性飛行士が不時着した異星。大気はあるものの人間には耐えられない放射能が充満していました。やがて、その星の住民たちが姿を現して ・・・

ティプトリーのジェンダー感が色濃く表れた作品。『たったひとつの冴えたやりかた』を彷彿させる静謐な結末が印象的です。

  • その他のジェームズ・ティプトリー・ジュニア の作品は関連記事をご覧下さい