【本の感想】森敦『月山・鳥海山』

本の感想 森敦『月山・鳥海山』

1973年 第70回 芥川賞受賞作品。

森敦『月山』(がっさん)は、著者62歳の作品で、2012年 黒田夏子『abさんご』が受賞するまで、最年長芥川賞受賞作でした。本作品は、著者の、放浪の旅を続けてきた日々の結晶ともいうべき作品です。

ひとりの青年が、月山のふもとのあれ寺に寄寓した一冬の物語。月山は山形県の中央に位置する、出羽三山のひとつで山岳信仰の場です。ここで主人公が何を思うのか、は語られず、この地方の厳かともいうべき風景を、ただただ、つづっていきます。

主人公が身を寄せた寺は、往時の賑やかさは今や昔、参詣人がほとんど訪れることがありません。雪が積ってバスがとまれば世間とは隔絶されてしまいます。寺男のじいさましかいない廃寺に近いここで、主人公は一冬を越すことを決めます。このあたりの心の動きは伺い知ることができません。寺男との会話の中からも何も浮かびあがらないのです。

村人たちとの酒盛りで、剥き出しの敵意に疎外感を覚える主人公。霊験あらたかなこの地方へ混入した世俗の異物…といったキレイ事ではありません。村人たちは、税務署の目をかいぐりながらの密造酒づくりや、身上を潰すほどのめり込む博打、即身仏のでっち上げを匂わせます。

死者の赴く山「月山」。本来、俗から切り離さるべき場所で、俗にまみれた営みが行われています。主人公は、ここでも自身の感慨を述べることはありません。

主人公は、激しく雪が舞い込む寝屋で、祈禱簿の和紙で蚊帳をつくり繭のように眠ります。 凍てつく幽玄の世界の中を謳いあげるほどに、対比されていく俗。 主人公の繭の中の眠りは、俗から身を守っているようにも見受けられます。 主人公の内面を文章でさらけ出さず、外からの描写のみで、垣間見させます。まさに純文学ですね。

主人公は雪解けとともに迎えにきた友人と寺を後にします。結局、物語の盛り上がりとなるような出来事は起こりません。しかしながら、読み終えた後は、作品からにじみ出てくる幽玄ともいうべき雰囲気からでしょうか、畏怖に近い感情をもちました。

本作品は、会話が方言なので、読みづらさは否めません。これがあるから、忘れがたいシーンを生み出しているのだろうと思います。

本作品集には、『月山』の姉妹編で、寺からの散策の道すがら出会った村人とのひとときを描いた『天沼』、短編集『鳥海山』が収録されています。『鳥海山』の諸作品は、日常が主体となって描かれているので、『月山』に漂う厳めしさは見られません。著者の作品は、経験におうところが多いのでしょうね。卑近なテーマであると退屈です。

1979年公開 河原崎次郎 主演『月山』

本作品が原作の、1979年公開 河原崎次郎 主演(渋い人を主役に据えてます)『月山』はこちら。原作は時代をあまり感じさせませんが、映像の方ははっきりくっきり昭和です。そしてストーリーは、別のものになっています。