【本の感想】齋藤孝『雑談力が上がる話し方』

本の感想 齋藤孝『雑談力が上がる話し方』

とにもかくにも人脈形成!という志の高い方を除けば、大多数の学生さんたちは、気の合うやつらとつるんでいれば良いので、意図して会話を組み立てるなんてことはないと思います。

そんな選択と集中の日々を過ごす輩も、社会人になり、年数がたてばたつほど、初対面の方とお話をする機会が増えるんですね。取引先などの仕事に関係する方なら、会話に接点が見つかります。でも、立食パーティーのような催しだと、さぁ、大変。 話しかけるも、 話かけられるも、自身のコミュニケーション力が試されます。

自分は、そもそも人見知りのチキンなので、壁の花になりがち(いや、壁のぬれ落ち葉か)。ひたすら時がたつのを願うばかりというシーンが度々です。会話の糸口が見つかれば、チキンからいつもの(?)愉快なおっさんへと移行できるんですがね。

齋藤孝『雑談力が上がる話し方』は、「雑談ができれば、なんでもできる、ダーっ!」という自己啓発本です。斎藤センセイは、

雑談力は、あらゆる場面であなたを助ける最強のスキル

とおっしゃいます。そうでしょう。日々、実感していますとも。センセイのお姿をテレビで拝見するにつけ、雑談力の高さに感服しております(「全力脱力タイムズ」最高!)

そもそも雑談って何でしょう?

雑談はむりにまとめようとしなくていい

雑談は、サクっと切り上げるもの

その結論に対して異論、反論をと唱えたら、そこからは雑談ではなくて議論になってしまいます。

なるほど、すべらない話や議論とは異なることは納得です。

雑談のベストバランスは、相手8対自分2

このパワーバランスは難しいですね。相手に如何にお話していただくか。こちらの2に対して8頂戴しなければいけないわけですから。

引き際のタイミングが難しかったりもするでしょう。忖度とか慮る、なんで高度な感性が必要なのかもしれません。

雑談で人間関係のガス抜きをするのです。

ビジネスにおいて、“ニュートラル雑談力”は最強の武器なのです。

雑談は一期一会、いや一点一会のようなものです。

だんだん、雑談からイメージするゆるさとは縁遠くなってきました。

センセイは、雑談は無理にまとめようとしなくていいと述べられていますが、オチをつくりたくなるのが緊張感に堪えられない小心者のサガです。「何でもいいから、相手をほめよ」との切り口のアドバイスは、それを想像して思わず赤面してしまいました。だいいち、自分が誉めキャラじゃないと、相手に不快感を与えかねません。

センセイのいう、雑談力とは、話し方そのものではなく、話の作りあげ方なんですね。本書を読んで、さぁ雑談仕掛けるぞ!となるかというと、 …うむむ … ハテナ?です。

雑談が上手な人は拝借したネタの伝言が上手

積極的にパクるところから始めますか。そのうち、自分のスタイルが確立していくのだろうと思います(と信じたい)。