【本の感想】藤由達藏『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』

本の感想 藤由達藏『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』

藤由達藏『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』は、人生すべてにおいて、まずはアクションありきだよ!を唱える自己啓発本です。

思い立ったが吉日。そして、ライク・ア・ローリング・ストーン。行動しながら考えよう、「心踊る未来像」に向けてという、誰もが異論をとなえないわりと当たり前の事が書かれています(「心踊る未来像」に、うっ!となるのは自分だけ?)。「果報は寝て待て」ではダメなんです。

本書の「全体俯瞰のために「視座を転換」する」、「他人の夢からあなたの栄養をひきだす」という主張は、理念としては共感します。自分は、推し量る事はしても、立場を置き換える事はしていなかったかもしれません。子供のころから教わっている「人の嫌がる事をしない」というのも推し量るではなく、立場を置き換えると考えるべきなんでしょうね。人の心がわかるというのは言い過ぎのように思いますけれど。

自己啓発本というのは、読者の気持ちを如何に盛り上げるかが大事なのでしょう。そういう意味では、本書は、論の進め方や気分アゲアゲな書きっぷりで成功してると思います。 行動するにはどうしたら良い?という迷いの中にある読者へは、ささやかではあるものの、明るい光を投げかけてくれるでしょう、

人生には成功と失敗があるのではなく、成功と成長があるだけだ。

これは、使ってみたくなるなかなかの名言です。ひとは失敗するほどに成長する、なんて使い古された言い回しじゃないのが良いですね(実際に口にすると恥ずかしいかも)。

相手の行動力を高めよう。

相手を自分の思うがままにコントロールしないという視点です。これは、かなりの人間力が必要です。難易度はお高めでしょう。変えられるのは自分だけ、という主張はごもっともです。

ただ、以下の記述には少々抵抗感があります。

小さな行動を積み重ねることで、大きな夢を実現できるのです。

今、味わいたい気分を過去の出来事から探して、詳細に思い出すだけで気分はコントロールできるのです。

モチベーションがなかなか上がらないひとに対しては、気分先行で良いのかもしれません。しかしながら、この言は、短絡的であったり、あまりに情緒的過ぎるように思えるのですよね(ヘミシンク=音響システムを使ったメディテーション・システム の記述でむむむ、となってしまいました)。読者に元気を与よう!という意図であれば、理解はできるのですが。

さてさて、こう、アウトプットしていると、「すぐやる」→すべてを手に入れる、のロジックが腑に落ちなくなってしまいました。読み間違えているかな?