【本の感想】武長脩行 『「友だちいない」は“恥ずかしい”のか』

本の感想 武長脩行 『「友だちいない」は“恥ずかしい”のか 』

田舎から東京へ出てきた頃、ひとりで昼飯を食べていると、「おまえ友だちいないのか」と言われたことがあります。知り合いすらほとんどいないので、当たり前なんだけれども、えらく居心地の悪い思いをしました。恥ずかしいのと、わざわざそれを確認しにくる無神経さに腹が立ったと記憶しています。友だちがいないという事実より、そうみんなに見られていると認識してしまう方が、気持ちをヘコませます。

武長脩行 『「友だちいない」は”恥ずかしい”のか』のタイトルを見たとき、そんな昔のことを想い出しました。

結論からいってしまうと、本書は、サブタイトルの”自己を取りもどす孤独力”に重点が置かれています。

孤独は、常にコミニュケーションを強制される社会=超コミニュケーション社会にあって、本来の自分を発見し、これから打って出るための「陣地」として必要なのだと述べます。自己内対話がコミニュケーション能力の源になっているとも説いています。孤独をポジティブにとらえ、孤独に打ち勝つのではなくて、人に頼らず生きていく力、自己回復し活力をとりもどす力=孤独力を養うべきだと主張するのです。

ごもっともではあるのですが、「友だちいない」は”恥ずかしい”のか、の解としてはピンときません。孤独は大事なんだよ、だから友だちいなくても平気だよね、とはなりません。要するに、「孤独な状態と、他人との共同性のバランスが大事で、良いコミニケーションには孤独が必要と肯定的にとらえなさい」ということなのです。

後半では、友だちは6人いればいい、とシックス・ディグリーズ理論(ケヴィン・ベーコン指数ですね)を持ちだしているのだけれど、ここにくると、孤独力で自己を研鑽し、お友だちを作りなさいと言っているように思えてきます。なんといったって、孤独力は 不確実な未来を見据えた意思決定力、ストレスマネジメント、リスクマネジメントを養うことができる素晴らしいものだから(?)。

タイトルに偽りアリ!というわけではありませんが、付けるのであれば『孤独力』だよなぁと思います。

(本とか音楽とかを含め)言語世界に生きている以上、完全な孤絶状態はあり得ないなど、本書の主張のいくつかは納得がいくので心に留めおくことはできます。でも、無縁社会を取り上げつつ、最後はひとりで死ぬのだから孤独死は寂しくない、というのはどうでしょうか。確かに本人の気持ちの持ちようかもしれませんが、周りの人々は割り切れません。著者の語り口調は柔らかくはあるものの、ズバスバと断定的な論述が特徴的なので、異論反論でてきそうな本ですね。

ちなみに、自分は「友だちいない」はもう恥ずかしい年代ではありません。むしろ、「友だちいっぱいます」の方が信用できなくなってしまいました(びっくりするくらい誇りにするひといますよね)。自分の子供はというと、このあたりは上手くやっているようです。当時の自分よりも孤独力が勝っているということなのでしょう。いずれにせよ、理屈がわかっても、そのように行動できるかは人それぞれ。孤独力を十分に発揮できるには、サポートが必要なのかもしれません。

著者が引用したアランの言葉が素敵なので紹介しましょう。

人はけっして孤独ではない。人はだれでも、もうひとりの自分をもっている。静かに、耳を傾けてみなさい。言葉をかけてみなさい。やがて、対話が生まれ、師とも友ともなって、あなたの人生を豊かなものにしてくれるはずだ。