【本の感想】梅田悟司『「言葉にできる」は武器になる。』

本の感想 梅田悟司『「言葉にできる」は武器になる。』

梅田悟司『「言葉にできる」は武器になる。』は、またまた似たようなコミュニケーションに関する売れ筋(!)自己啓発本かと思いきや、言葉を自分の中で熟成するプロセス等が、書かれていて、そこはフムフムとなります。

言葉を生み出す二段階、つまりは、①内なる言葉で意見を育てる、②外に向かって変換する、の中で①が重要であるという主張です。血肉となった言葉が、説得力を持つことは自明なので、そこに着眼した思考法を含めたHOWは、役に立つでしょう。

1人の時間を確保し、自分の感情を振り返り、どんなことを考える傾向にあるか把握するところから始めよう、と著者は言います。自分を客観視することが出発点なんですね。簡単そうで、これはなかなか難しい。自分自身には甘いですから。

思考を内なる言葉と捉える、内なる言葉を俯瞰した目線で観察する、言葉の解像度をあげる、思考のサイクルをインストールする、T字型思考法はキャッチ―なとても表現です。本書でセレンディピティ(求めずして思わぬ発見をする能力)という語を知りました。

訓練のない個性は、野生にすぎない 。

1人に伝わればみんなに伝わる 。

体験の幅を広げることが、動詞の幅を広げることにつながる 。

断言は人々を導く旗になる 。

なるほど、端的な言葉でズバリと本質をついていますね。 「○○って、○まるだ」で、新しい名前をつける技(?)は、言葉にこれまでにない意味を発見する方法として新鮮です。

内なる言葉に幅と奥行きをと持たせることが、よく考えることの正体である

ここが本書のキモですね。ただ、リーダシップ論にも言及してはいるものの、タイトルの武器って何?をきっちりと受け止めることができませんでした。