【本の感想】首藤瓜於『脳男』

本の感想 首藤瓜於『脳男』

2000年 第46回江戸川乱歩賞受賞作。
2000年 週刊文春ミステリーベスト10国内部門第1位。

連続爆破事件の容疑者 緑川のアジトに踏み込んだ茶屋警部ら警察は、緑川と取っ組み合いを演じていた男 鈴木一郎を確保します。事件について何も語らない鈴木。精神鑑定の要請を受けた精神科医 鷲谷真梨子は、鈴木には心がないことを発見するのでした。鈴木は何ものなのか。鈴木の本質に迫るべく、真梨子は、鈴木の過去を調べ始めて ・・・

膨大なデータを持ちながら行動に結びつけることができない脳だけの存在=脳男 鈴木一郎。学習によって感情を理解するという非人間的な男が、真梨子の明らかにする過去によって、徐々に魅力を帯びていきます。

この主人公のキャラクター設定の妙こそが、本作品の見所でしょう。人が人たる所以は何であるのか。著者の精神医療に関する造詣の深さが(といっても門外漢から見る限りですが)、ストーリーに厚味を与え、哲学的な感慨を深めてくれます。

鈴木の出自が判明してからの後半は、ぐっとエンターテイメント性が高くなります。

心のない男 鈴木と逃亡中の連続爆破犯 緑川の関係は?鈴木の目的は何か?

鈴木、茶屋、真梨子を巻き込んで、ハラハラドキドキの結末へなだれ込みます。

残念なのは、端折られている部分があるように思えることです。謎めいた真梨子や茶屋といった主たる登場人物の背景が、途中、あっさりまとめられてしまっているのです。応募作ゆえのページ数制限なのか、7年後に刊行された続編『指し手の顔』を想定してのことなのか。

しかしながら、ハズレが多い江戸川乱歩賞において、傑作に入る作品であることには間違いありません。

生田斗真主演『脳男』

本作品が原作の、2013年公開 生田斗真主演『脳男』はこちら。

映画「脳男」