【本の感想】岡本真一郎『言語の心理学-伝えたいことは伝わるのか』

本の感想 岡本真一郎『言語の心理学-伝えたいことは伝わるのか』

大学生の息子がレポートを書くために購入した本を読んでみました。

岡本真一郎『言語の心理学-伝えたいことは伝わるのか』は、ことばに関する社会心理学的な観点からの研究を著したものです。

自分の「伝えたいこと」が「伝わらない」シーンにおいて、「伝わる」というメカニズムを詳説していきます。本書の目的は、終章の「伝えたいことを伝えるには?」にあるのでしょうから、それまでの主張はこの章を論理的に補強するもののはずです。

コミニュケーションの役割から始め、コミニュケーションのチャネルの特性、コミニュケーションを成り立たせるための共通の基盤の必要性、気を配るということ、対人関係の裏側にあるものへと論を進めていきます。

「ポライトネス理論」等、様々な学術的な説(そしてその評価)や、フィールドワークの結果を所々にまじえており、当該分野の知識が乏しくとも興味を持って読むことができます。なかでも第4章「自分に気を配る」は、自分のことを伝える上での気配りとして一読に値すると思います。

ただ、終章の結論は、経験的に当たり前のこととしか捉えることができません。

それまでの論とどのように紐付いているかが判然としないため、唐突に主張を繰り広げられているような印象を受けます。感覚的ですが、いくつか挙げられている「伝えたいことを伝えるには?」のノウハウで、良好なコミニュケーション、ひいては良好な対人関係を育むことができるかというと疑問が残ります。

本書のネットにおけるコミニュケーションに関する論に違和感があるのですが、どこかに納得性のないものがまじると結論がうすっぺらく感じてしまうのでしょう。これもまた非言語コミニュケーションのなせる技?

自分自身でかたちづくった経験的なコミニュケーション論は、ある程度の年齢になれば持っているはずです。そこに論理的な意味づけをするために本書を活用するのが良いと思います。

さてさて、息子のレポートを見せてもらったが、「目からうろこ」的なことが書かれていてびっくり。息子が素直なのか、自分がひねくれているのか ・・・