【本の感想】中島京子『FUTON』

本の感想 中島京子『FUTON』

中学生の頃読んだ、田山花袋『蒲団』には嫌悪感しかありませんでした。自分の私小説を回避する傾向は、ここが出発点だといってもよいでしょう。

学生時代は、『蒲団』的大人は稀な存在だと思っていたのですが、社会人になるとこれが意外と多いことに気づきます。なんとも胸焼けのするような話を、見たり聞いたりします(あぁ、誰かにしゃべりたい)。湿度の高い色恋沙汰は、世の中、珍しくないのです。

中島京子『FUTON』は、田山花袋『蒲団』をモチーフにした作品です。

アメリカの大学教授で田山花袋の研究者デイブ・マッコーリーが、教え子の日系人エミにノボせたあげく ・・・ というお話し。現代版 蒲団なのです。

デイブの『蒲団の打ち直し』という作中作が、シーンの変わり目に挿入されるのですが、これが実に傑作!

『蒲団』を妻 美穂の目線で描いた、いわばアンサーソングになっています。

『蒲団』では存在感が希薄だった美穂は、『蒲団の打ち直し』では、実にからりとした性格の良い女性として描かれています。夫を翻弄する小悪魔的 芳子を、イライラ、プンスカしながらも、傷つくそぶりを見ると、ついつい姉のように労わってしいます。とってもチャーミングなのです。夫が涙で濡らした蒲団を干しながらも元気ハツラツ。

「打ち直しゃ、使える」
   そういって、美穂はパンパンと蒲団を叩き始めた。その音は冬の澄んだ空気の中に良くこだました。

この作中作を読むだけでも、本家『蒲団』の女々しさをふっとばす爽快感が味わえます(ただ、男の惨めさは倍増しているような)。

ストーリーの本筋は、エミの祖父タツゾウ(サンドイッチ・チエーン店ラブウェイ店主75歳)、タツゾウの父ウメキチ(95歳!)、ウメキチの世話をする絵かきのイズミ、イズミと同棲中のオナベのケンちゃん、そしてエミを追っかけてきたデイブが加わって蒲団ワールドが繰り広げられます。

入れ子構造になった蒲団ワールドは、詰め込み過ぎのきらいがなきにしもあらずですが、とっても楽しい。『蒲団』のじとじと対して、『FUTON』は干したあとの心地よさがあるんですよね。

田山花袋『蒲団』を読んでブルーになった方には、是非、おすすめしたい一冊です。