【本の感想】多和田葉子『犬婿入り』

本の感想 多和田葉子『犬婿入り』

1993年 第108回芥川賞受賞作。

多和田葉子『犬婿入り』は、ざっくり言うと変なお話しです。

家庭教師塾を営む 北村みつこが、教え子たちに繰り返し聞かせたのは、尻を舐める犬の寓話。ある日、彼女の前に突如現れた男 飯沼太郎 は、みつこ のお話しの通り尻を舐める癖を持っていた、という夢か現か幻かな作品なのです。

人ともつかぬ、犬ともつかぬ太郎と、一緒に暮らしはじめた みつこ。太郎は、きっちりと家事と尻舐め(?)をこなします。愛情や性生活の生々しさが全く見えない、不思議な二人の関係が築かれていきます。

日常と非日常が混交するマジックリアリズムととらえたら良いのでしょうか。 民間伝承の犬の婿入りは、軍功をたてた犬がお姫様を娶るというもので、本作品は、これに基づいた寓意はないように思えます(というか、ピンとこない)。

物語は、太郎の妻の登場で、徐々に非日常が日常に侵食されていきます。結局、太郎とは犬に似た癖をもつ自由奔放な男?… … …と思っていたら、突拍子もない結末を迎えます。

自分は、ひたすら長ったらしい饒舌文体を読むと、何故か笑えてきます。本作品は、文学的に読み解くことはできるんでしょうが、面白さが損なわれるような気がします。なので、自分にとっては、”ざっくりいうと変なお話し”がいい塩梅なのです。

文庫の『犬婿入り』は、もう一編「ペルソナ」が収録されています。ドイツに暮らす姉弟の日々を描いていて、異邦人の孤独とかアイデンティティを強く意識させられる作品です。文学を好む読者は「犬婿入り」よりはこちらを評価するかもしれませんね。自分はというと、鬱勃としているだけで感銘を受けることはありませんでした。要するに合わなかったっていうことです。