【本の感想】戸梶圭太『CHEAP TRIBE ベイビー、日本の戦後は安かった』

戸梶圭太『CHEAP TRIBE ベイビー、日本の戦後は安かった』

戸梶圭太『CHEAP TRIBE ベイビー、日本の戦後は安かった』は、1957年、1969年、1974年、1985年、1995年の5章からなる連作短編集で、その時々の世相を切り取ったかたちでストーリーは進みます。

とは言え、時代の大きなうねりに乗っかっているわけではなくて、それを横目で見ながら、こんなこともありましたっけ、という程度の切り取り方です。

主人公の沼田永吉は、醜悪な容貌に、歪んだ性格、飽くことを知らない情欲の持ち主です。炭鉱のタコ部屋で生まれ育ち、生死の境を彷徨う過酷な状況を辛くも生き抜いた永吉。第1章から陰惨極まる描写に、うんざりさせられるばかり。

笑えない・・・

ひたすらヒトの暗い部分を目の前に開陳されるだけです。笑いがないから、どうにも疲れてしまいます。

第2章は学生運動、第3章はノストラダムスの大予言と超能力ブーム、第4章は青少年向けの訓練施設を取り上げ、永吉がどのような人生を送っていくのかがつづられます。第5章では何とも痛ましい末路を辿るのですが、永吉の捻じ曲がった精神構造に辟易してしまった分、快哉を叫んでしまいました。

著者の作品に慣れていないがゆえに、笑えるところを探しながら読み進めました。結局、不快なまま終わってしまうのですが、そもそも、読み方を間違えたのかも。ピカレスク・ロマンと考えれば良かったのかなぁ・・・