【本の感想】長嶋有『ぼくは落ち着きがない』

自分の高校生の頃を振り返ってみると、当時の記憶があまり定かではありません。充実した毎日を送ってきたわけではないようです。つまらなかったと言ってもいいでしょう。何かに熱中したわけでもなく、波乱が起きたわけでもなし・・・。記憶に残ることをなんらせず、淡々と過ごしてしまったのです。

後悔しても始まりませんが、自分の子供らのように、楽しそうな高校生を見ると、ちょっとジェラシーを感じてしまいます。まぁ、大半は自分と似たようなものなんだろうけれど(その分、大学生になってからの反動は大きかったな)。

長嶋有『ぼくは落ち着きがない』は、高校生の図書部員 望美の日々をつづった作品です。

舞台は図書室と、図書室に併設された部室であって、他に場所を移す場面はほとんどありません。登場人物たちは、図書室と部室へ姿を現しては、夢を語ったり、諍いをしたり、じゃれあったりします。

図書部員それぞれが、クラスでは浮いた存在なのでしょう。居場所を求めて、図書室へ、部室へ入り浸っています。主人公 望美を中心に、そんな彼らの日常が淡々と過ぎていきます。

淡々としすぎて突拍子もない出来事を期待してしまうのですが、なんと起こる予感すらないまま終わりを迎えます。あらずじを敢えて書くほどでもないように。多方の高校生は、こんなものじゃないでしょうか。毎日が波乱万丈でっていうのは、ほんの極々少数で、普通の子らはちょっとしたさざ波程度に一喜一憂してしまいますよね。

そういう意味で、本作品はとってもリアルです。リアルではありますが、わざわざそれを求めて作品を読む必要はないような気もします。自分の過去を振り返っているような錯覚すら覚えてしまいました。ひょっとして、本作品は凡百の高校生らに、何にもなかったなぁ~と、嘆息させる悪だくみ?ならば、成功していると言えるでしょう。少なくとも、ここに1名おりますので・・・

長嶋有作品は、そこはなとなく寂しさが見え隠れする作品が多いように思います。そこが自分が著者の作品を気に入っている理由なのですが、本作品には残念ながらそれがありません。タイトルの「ぼくは落ち着きがない」っていうのも、結局、何を意味しているかわからなかったしねぇ。本作品を読んで、すっかり落ち着きをなくしてしまったのは確かです。

なお、短編集『祝福』には、本作品のスピンオフが収録されています。

  • その他の長嶋有 作品の感想は関連記事をご覧下さい。