【本の感想】新津きよみ『ママの友達』

新津きよみ『ママの友達』

思い起こすと、自分は、中学生の頃、友達といえるものが皆無だったようです。転校を三回繰り返したというのはあったものの、同級生は、知り合いぐらいに留まっていました。子供たちにこの頃の友達の事を聞かれても、何も答えられません(だからと言ってどうという事はないのですが)。

新津きよみ『ママの友達』には、そのまんまがエピソードとして描かれている。

野島典子に届けられた差出人不明の郵便物。それは、20年前、中学校の同級生4人の交換日記でした。当時のリーダ的存在 長谷川淳子を真っ先に思い浮かべる典子。ほどなくして典子は、淳子が殺害されたニュースを耳にします。 ・・・・

交換日記のメンバー、典子(ノリ)、藍川明美(アケ)、等々力久美子(クミ)、淳子(ハセジュン)の中学生時代を挿入しながら、45歳となった彼女たち今が描かかれていきます。

ノリの中学2年生の娘は、学校へいくことができません。アケはシングルマザーとなったことで、実家とは絶縁状態です。クミは娘の早い結婚で孫ができましたが、長年、夫の精神的ないじめに苦しんでいます。熟年に差しかかった女性の、様々な苦悩が胸に迫ってくるようです。

彼女たちの問題は、殊更に、誇張されているわけではありません。よく耳にする人生でぶちあたる壁。だから、なおさら心を抉るようにリアルを突きつけてくるのです。

著者の作品は、初めて手にとったが、言葉の棘の使い方がとても巧みです。

放たれた言葉を受けて、心を波立たせる人々の様子が目に浮かびます。彼女たちとともに、カっと血がのぼったり、ヘコんだりしてしまうのです。(特にクミが受けるモラルハラスメントは強烈!)

ノリは、娘の登校拒否の理由を、友達がいないことだと決めつけます。娘に詰め寄るノリへ、娘は「ママって友達いるの?」と反問するのです。ここでノリは言葉に窮してしまいます。○○ちゃんのお母さんは知っていても、そのお母さんのファーストネームを知りません。では、音信が途絶えた交換日記のメンバーは友達だったのかと自問しても、はっきりと答えるきとができないことに気づきます。ここは、自分が本作品で最も共感するシーンである。

読者には、ノリ、アケ、クミのどこかに思いを同じくする部分が、あるのではないでしょうか。

本作品は、ハセジュンの事件の謎解きが本筋ではありません。事件は、ノリ、アケ、クミが過去を振り返えるきっかけにしかすぎないのです。タイムカプセルに似たノスタルジー。はたして、ノリ、アケ、クミが新たに友情を培っていくでしょうか。

本作品は、私たちは今こうして生きているという、過去の自分への意思表明と見るべきなのかもしれないですね。