【本の感想】筒井康隆『エロチック街道』

本の感想 筒井康隆『エロチック街道』

高校生の頃に夢中になった筒井康隆作品ですが、今となっては読んだのやら読んでないのやら判然としないものが多くあります。なにせ作品の数が膨大ですからね。

筒井康隆『エロチック街道』(1981年)は、まさにそんな短編集の一つなのですが、試しに読んでみました。 読み終えても、全く記憶を呼び起こすことがなかったので、おそらく初読だったのでしょう。

著者ならではの実験的な作品を読むことはできますが、毒性は極めて少ない短編集です。

本短編集のベスト3は以下の通りです。

■時代小説
歴史小説のパロディーです。筋はメチャクチャ、言葉使いもインチキなのだけれど、それっぽさが堂に入っているので、読んでいてニヤニヤ笑いが止まりません。

■ジャズ大名
日本に漂着した黒人のジャズメン。彼らの演奏にすっかり感化されたお殿様は、城をあげて大盛り上りです。映画化もされたとってもハッピーな作品です。

■エロチック街道
見知らぬ土地に迷い込んだ男が体験する不可思議な世界。自分は、この手の幻想ともつかない作品が好物です。何がエロチックなのかは、判然としないところはあるのですがね。

その他の作品をざっくりと紹介します。

軍人の内面をあからさまに揶揄した「中隊長」、時制の混乱をユーモラスな語り口で描く「昔はよかったなあ」、異星人の地球語教室でおこなわれるレッスン「日本地球ことばを教える学部」、噛み合わない話しの応酬が笑いを誘う「インタビューイ」「一について」「われらの地図」も同様)、

睡眠に至るまでをこれでもかと綿密に描写する「寝る方法」「歩くとき」も同様)、懐かしさの中に一抹の寂しさを感じる「かくれんぼをした夜」、

現実の崩壊感が印象深い「偏在」、筒井康隆流の言葉遊び「早口ことば」「また何かそして別の聴くもの」も同様)、リズミカルなショート・ショート「冷水シャワーを浴びる方法」、日常に幻想を持ち込んで不可思議な世界観をみせる「遠い座敷」「傾斜」も同様)。

ざっくりし過ぎか ・・・

1986年公開 古谷一行、財津一郎 出演 映画『ジャズ大名』はこちら。

1986年公開 古谷一行、財津一郎 出演 映画『ジャズ大名』
  • その他の筒井康隆 作品の感想は関連記事をご覧ください。