【本の感想】北原亞以子『恋忘れ草』

本の感想 北原亞以子『恋忘れ草』

1993年 第109回 直木賞受賞作。

北原亞以子『恋忘れ草』は、江戸時代(天保三年頃)の、職業婦人、現代で言うところのキャリアウーマンが主役の短編集です。それぞれの作品に、他の作品の登場人物がちらりと顔を出したりと、連作短編の趣きもあります。

本作品集は、仕事に恋に生きる女性たちの逞しさが、活き活きと描かれています。時代小説であると、ちょっと距離を置きたくなる読者もいるでしょうが、本作品集の登場人物たちの価値観は、今の女性たちのそれと変わることがないので、読み進めながら彼女たちと一緒に落ち込んだり、ハッピーな気分を味わったりすることでしょう。読了時には、明日への活力を与えてくれる、爽やかな余韻の残してくれます。

■恋風
萩乃は、父 山本帯刀を六年前に亡くしてから、子供相手に手跡指南の稽古を付けています。 父の頃には七十人近くいた弟子たちも、今では二十七、八人。ある日、常盤屋手代 栄次郎が萩乃へ弟子入りを志願します。歳の頃は二十四、五。乗り気ではないものの、栄次郎の熱意に負けて渋々、受け入れるのでした。

二十七才の荻乃は、相思相愛の国学者 峰岸草胤との破局の過去があります。父の美談に隠された秘密を知り疎遠になってしまったのです。

そんな荻乃に持ち込まれたのは家主 太左衛門からの縁談。相手は二十一才の倅がいる四十五の男やもめです。 断りを入れると太左衛門は激怒し、ほどなくして岡っ引きの五郎次から五十両の恐喝を受けることになります ・・・

恋に破れ仕事に生きる萩乃に、最大のピンチが訪れるのですが、さて、どう決着するのでしょう。恋風は、恋の予感という意味合いかな。

■男の八分
長谷川里香(香奈江)は、 戯作者からの草稿を、版下用に書き直す筆耕を生業としています。四年前、筆耕の内職が面白くないと夫 稜之助から離縁され、一人独立したのです。

そんな里香が目をとめたのが戯作者 井口東夷。東夷は、作品が世に出る機会をやっと掴んだのです。しかし、他の作品との類似を指摘され、お蔵入りへと傾きます。東夷への連絡がつなかない里香は、迷いに迷った挙句、改竄に手を染めて ・・・

プロフェッショナルとしてのプライドが高い東夷。里香の善意が、東夷のプライドを傷つけてしまうのは想像に難くありません。さて、東夷はこれをどう受け止めるのでしょうか。

■後姿
おえんは、三才の頃、置き去りにされ娘浄瑠璃の師匠おまつの養女となりました。十七才となったおえんは、淡路屋長右衞門らの財力を後ろ盾に、 出世を目指します。

そんなおえんに熱心に声をかけてくるのは、田舎侍の石橋又十郎。しかし、おえんは疎ましく思い邪険に扱い続けます。

より高みを望むおえん。しかし、屑と見なしていた妹弟子おふゆが、駿河屋の養子の嫁となることを知り、苦渋を舐めます。おえんより、おふゆは出世してしまったのです ・・・

上昇志向の強いキャリアウーマンが、ふと躓きを感じたときと似ています。さて、そんな時は、どのように気持ちを持ち直すのでしょう。

■恋知らず
お紺は、三々屋で簪の意匠を生業としています。五年前に父と兄を亡くし、流行りの商品を売り出そうと奮闘中です。 そんなお紺に、六年前蝋燭問屋に婿入りした幼馴染 秀三郎が助言を与えます。

やがて、秀三郎の誘惑で、お紺は上の空になっていきます。しかし、それはお紺の気持ちを惑わすための秀三郎の作為だったのです ・・・

才能に嫉妬する男の醜さが表されています。これまた、今の世も同じですね。お紺は、秀三郎の心根を知った時、どのような行動に出るでしょう。

■恋忘れ草
おいちこと、歌川芳花は、歌川国芳の弟子の絵師です。才能を認められたおいちは、江戸名所百景の制作を依頼されています。

名声を得つつあるおいちに、妻子もちの彫師 才次郎が近づき、関係を持ってしまうのでした。才次郎は、一度、おいちを捨てていたのです。つき合いを復活したおいちは、ある日、才次郎のところへ行き、そこで嫁と子に会ってしまうのでした ・・・

いわゆる不倫話しですね。愛しい相手の妻子を目の当たりにして、ハタと目が覚めるという王道パターンです。

■萌えいずる時
料理屋「もえぎ」の女将 お梶のもとへ 元夫「山水亭」の粂蔵が借金をしに訪れます。 お梶は、粂蔵が愛人を家に入れたことから耐え切れず家出して、ひとり「もえぎ」を立ち上げたのでした。

料理人 新七が出張って一旦は事を収めたのですが、粂蔵は、お梶が家に戻るという嘘をつき高利貸から金を借りていたのです。 「もえぎ」に乗り込んできた高利貸しが約束が違うと暴れ出し、これが打ちこわしに発展してしまい ・・・

本短編集の中で主人公の絶望を一番感じますね。盗みでクビにした女中家族との絡みも効いていて、ラストは心を動かされました。

こうあらすじを書いて見ると、逆境をバネに奮起する、まさにキャリアウーマンの鏡のような方々の物語なのだなぁ、と思いました。