【本の感想】上田早夕里『美月の残香』

本の感想 上田早夕里『美月の残香』

遥花と美月は一卵性のふたごの姉妹。遥花は、華やかな美月と幼い頃から比べられ、煩わしさを感じています。

「美月が太陽ならば、私は日蝕中の太陽」

大人になるにしたがって、遥花は美月との距離をおき始めます。二人が別々の道を歩み始めてから程なくして、遥花は美月が結婚することを知ります。

相手の真也もふたごの兄弟です。

「真也が太陽ならば、弟の雄也は日蝕中の太陽」

遥花は、ぶっきらぼうですが、心根の優しい雄也を愛するようになります。

しかし、美月と真也の幸せな結婚生活は、突然、終わりを告げます。美月が失踪してしまったのです。行方は杳として知れず、月日だけが過ぎていきます。精神的に不安定な日々を過ごす真也は、美月の香水をつけてくれるよう遥花にねだるようになるのでした。そしてその願いは執拗さを増していき ・・・

上田早夕里『美月の残香』は、ホラーなのか、ミステリなのか、はたまた奇妙な味なのか。読み進めながらも、なかなか正体がつかめない作品です。

太陽のような輝きを放っていた真也が徐々に日蝕中の太陽へと変じていく様子と、それに巻き込まれるように揺れ動く遥花の気持ちが巧みに描かれています。

美月の香水アン・レーヴ・スクレ=密かな夢 をつけて匂いを嗅がせてくれとあの手この手でせまる真也。その行為に、直接的な身体の要求よりも、ふしだらさを感じ拒絶しつづける遥花。美月と遥花、そして真也と雄也の鏡像のような関係性から、遥花は自身の内面にある欲求に触れ慄然となってしまうようです。

遥花の否定してきたふたごとしての同一性が、遥花の中に美月の奔放さとして現れてしまうのでしょうか。

どうする、どうなる。良い意味で、イライラがつのる作品です。

美月の水アン・レーヴ・スクレは、美月が調香師に依頼したオリジナルの香水です。この香水に込められた密かな夢の意味が、本作品のせつなさと伴った残香となります。

余談。

調香師 鳴水は、すべての匂いを再現することが可能な天才的なスペシャリストとして登場します。鳴水はシリーズ作品として主役がはれる魅力的なキャラクターだと思います。是非、シリーズ化してもらいたいなぁ。

  • その他の上田早夕里 作品の感想は関連記事をご覧ください。