【本の感想】榎本博明『「上から目線」の構造』

本の感想 榎本博明『「上から目線」の構造』

「なんだ、あの上から目線は」。よく耳にする言葉です。本書は、この「上から目線」発言の心理構造の解剖を目的としています。

最近、上司や先輩からの意見、アドバイスを「上から目線」と非難する人が増えてきているようです。自分は後進を熱心に指導しないこともあって、直接的に噛みつかれたことはないのだけれど、これが原因でアツくなっている場面には遭遇したことはあります。同僚ならともかく、目上の人からの「上から目線」への駄目出し。理屈がわからないので、本書を手にとってみました。

本書は、上司と部下、同僚、顧客、友人など、他者との関わりにおける「上から目線」の仕組みについて、心理学的アプローチで論を展開します。心理学の応用でありがちな、○○効果、××法則を多用して、読者を煙に巻くようなことはありません。引用する図書も手近なもので、全般的にわかりやすく記述されています。

自分が注目したのは会社生活における「上から目線」発言のメカニズム。自身の劣等コンプレックスに起因する攻撃性、「甘えの文化」の中での被害感情の発露、安定性を欠く自尊心の攻防戦、過剰な比較意識、現実逃避としての装置など、首肯するものの、正論すぎますか。

「あの人は自分が大好きですから」。「上から目線」発言をする人をこう評しているのを聞いたことがあります。「自分はこんなもんじゃない」という誇大自己や、日本的な受け身の自己愛に持ち込まれたアメリカ的ミーイズムは、身近に観察されるので、ここは感銘を受けました。ウチとソトの心理的な距離の変化や、母性原理の「包含する」機能が強くなっているとの主張も面白いですね。

ただ、フリーター、派遣社員、はては便所飯まで、話が広がりすぎて、つかみどころが難しくなってしまっています。問題を提起し、解決策を提示するのが本書の目的ではないはずですが、どうもそちらの方へ向かっている印象があります。昨今の若者の矮小さ嘆いているようでもあり、「上から目線」の説教くささを感じてしまいます。他者との関わりについて、ヒントを与えてくれるのは確かなので、一読の価値はあるとは思うけれど。

ちなみに、自分は「なんだ、あのどや顔」というのも気になっています。