【本の感想】アダム・ペネンバーグ『バイラル・ループ あっという間の急成長にはワケがある』

バイラル・ループというのは、インターネット上でブログやツイッター、ユーチューブなどのソーシャルメディアを経由して、情報がウイルスのように伝播していく現象のことだ。

本の感想 アダム・ペネンバーグ『バイラル・ループ あっという間の急成長にはワケがある』

インターネット上で、個人をハブとした信頼に基づく情報の流れ。いわゆる口コミです。

アダム・ペネンバーグ『バイラル・ループ あっという間の急成長にはワケがある』は、口コミ戦略の元祖タッパウェアーから、懐かしのネットスケープ VS マイクロソフト ブラウザ戦争、ネットでヒットした低予算映画、ユーチューブのバイラル動画といった話題を織りまぜながら、ホットメール、ペイパル、イーベイ、マイスペース、フェイスブックなどのバイラル企業の成り立ちと、その顛末を紹介し、バイラル・ループの本質を明らかにしていきます(と思う)。

日本には馴染みの薄いものもあるのですが、なにより、それぞれの起業家たちの野心がすけて見えて面白いですね。

共通しているのは、ユーザにコンテンツをつくる場を提供し、口コミでユーザ数を倍々に増やして、広告収入で利益を出しつつ、大手に買収されるという戦略。アイディアと技術=組織化のテクノロジー、そしてスピードで勝負。予想外の規模の拡大に伴い、スケーラビリティの問題に直面していくあたりなど、とにかくビジネスを立ち上げて、という思考なのでしょう。

インターネットは、小さく初めて大きな富を得るチャンスを提供してくれます。反面、企業と個人、個人と個人の信頼に基づいていることがバイラル・ループのキモだから、これを失墜したときのインパクトは相当大きなリスクとなってしまいます。口コミで悪評が広がるということです。ちょっと前の「食べ〇〇」のステルスマーケティングが顕著な例でしょう。

著者がいうように、従来型の広告収入を期待するビジネスのコンセプトは、変えていくときがきているのは理解できます。

広告クリックというコンセプトに頼って業界全体が発展したのは、じつに驚くべき話といえるだろう。

では、何がバイラル企業の収益を拡大していくのか。今後、起業家たちがどのようなサービスを打ち出してくるのか興味は尽きないところです。本書は、自分もチャンスをつかむことができるかもと淡い夢を抱かせてくれます。もちろん、紹介されている起業家のようなお利口さんではないのだけれど。

著者は、最終章でプライバシーにも触れています。利便性を追求するのであれば、プライバシーは問題にしないという著者の記述は同意です。必要最低限は必要だけれど、あまり過敏になりすぎると、何もできない世の中になってきているのは実感します。