【本の感想】舞城王太郎『阿修羅ガール』

本の感想 舞城王太郎『阿修羅ガール』

2003年 第16回 三島由紀夫賞受賞作。

舞城王太郎『阿修羅ガール』は、 いち女子高生の迷走する脳内活動が爆裂するがごとくに拡がりを見せる作品です。

分かり易くあらすじを書くのはちょいと難しいので、ご容赦を。

主人公アイコは、同級生の佐野とはからずも関係を持ってしまったことで、後悔の日々を送っています。

減るもんじゃねーだろとか言われたのでとりあえずやってみたらちゃんと減った。
私の自尊心。
返せ。

冒頭のこのセリフで、ぐぐっと惹き込まれてしまいました。

アイコは金田陽治のことが好きだったのです。

突如として佐野が行方不明になったことから、佐野と関係した女らに拉致られるアイコ。すかさず逆襲に転じます。なんともキュートなアイコの思考活動が、饒舌文体で縷々つづられていきます。

折しも、まちは、謎の殺人鬼 グルグル魔人が跋扈し、子供らが暴れまくる<調布アルマゲドン>が勃発中。

アイコの世界は崩壊に向かいます。

ピンチのアイコに、どーん!金田登場で、恋心爆裂です。しかし ・・・

アイコの思いは壊れた世界に絡め取られ魂は彷徨します。

本作品は、ストーリーを語ることすら無意味なのです(上手く書けないだけなんですが)。いきなり本筋とは無関係にみえるファンタジックな挿話がぶち込まれたりします。破綻寸前でぐっと踏みとどまるのが舞城流。

本作品から何かを汲み取ろうとするとしても上手くいきません。主人公と多くの同年代のコは、ものごとのとらえ方に秩序なんてないのかもしれませんね。

自分の狭い世界観の中で試行(思考)錯誤して、なんとなく結論じみたことを見いだしていく。この年頃の、そういう多感さが上手く表現された作品だと思います(考えすぎかな)。

  • その他の舞城王太郎作品の感想は関連記事をご覧ください。