【本の感想】髙樹のぶ子『光抱く友よ』

本の感想 髙樹のぶ子『光抱く友よ』

1983年 第90回 芥川賞受賞作。

髙樹のぶ子『光抱く友よ』は、よいところのお嬢様であり品行方正な相馬涼子と、やさぐれ感むんむんの松尾勝美、二人の女子高生のひとときを描いた作品です。不良少女とお近づきになった優等生が、人生の悲哀を垣間見るという、ありがちなプロットですが、友情よ永遠なれ!とならないのがリアルですね。二人が近づき、分かり合えたかに思えた束の間を切り取っているのです。

勝美とアル中の母 千枝との激しいいざこざを目の当たりにし慄然とする涼子。涼子と勝美の生い立ちの圧倒的な違いを印象付けるシーンです。ある日、そんな親子の仲睦まじい姿をみた涼子は、見てはいけないものを見てしまったと締めつけられるような思いを感じます。辛抱できる辛さとできない辛さがあるという勝美。涼子と勝美の複雑な感情の入り乱れる描写が良いですね。

涼子は、憧れの教師 三島に憧れを抱いていました。ところが、勝美と触れ合うことによって三島の俗物さに気づきます。勝美と触れ合うことで世の中を別な角度で見るようになるのです。

涼子は、口止めされていた千枝への隠し事を、つい耳に入れてしまいます。涼子と勝美の友情らしきものが破たんする原因であり、その瞬間の、勝美の怒り、悲しみ、憐れみが入り混じった惜別の表現が秀逸です。この年代の友情が美しさだけではなく、脆くてちょっと残酷であることを巧に著しています。壊れた友情を実感する涼子の姿が印象的です。とても地味な作品ですが、多感な時期を過ごした読者の共感を得ることができると思います。

本書に収録されている『揺れる髪』は、自我が芽生え始めた娘に困惑する母親が、自身の亡き母を思い起こす日々を、『春まだ浅く』は、体を許さない婚約者に理解を示すも、彼女の友人によろめいてしまう男を、描いた作品です。『春まだ浅く』の理想を掲げながらも、ふと揺れ動き、そして婚約者へ顛末を手紙でしたためるへなちょこぶりは、イヤ~な感じ。

女はね、自分でもその種類が判らないくらい、沢山の知恵を持って生まれてきてるのよ、その知恵、どういうわけか、頭には宿ってないんだな、知恵というより、反応と言った方がいいのかもしれないわ。

「春まだ浅く」