【本の感想】村上龍『トパーズ』

村上龍『トパーズ』は、バブル絶頂期に出版されて、ベストセラーとして書店の店頭を飾っていたように記憶しています。当時、東京で働きはじめた田舎もんとしては、この華々しい雰囲気に気後れして、どうにも手が出ませんでした。だいたい、村上龍作品は、中学生の頃『限りなく透明に近いブルー』を読んで、「エロ本じゃん!」という感想を抱いてから手にとっていないのです(ほとんど理解できていなかったと思うけれど)。

『トパーズ』は、12編からなる短編集で、それぞれの作品はとても短い。短いのですが、1編読み終えるごとに疲労感が蓄積されていきます。エロチシズムの村上龍的な表現なのでしょうが、官能というより暴力に近いのです。グロテスクと言ってもいいでしょう。読み始めると、あまりに直接的な描写に、男の自分としても腰が引けてしまいます。

都会の夜と(一般的には)マニアックな性愛が、主役となる女性の視点で描かれています。脈絡のない思考の断片が入り混じったモノローグが特徴的です。彼女らの行動原理に肯定も否定も見つかりません。ただ現実があるのみ。

本書では、句読点のない長々とした文章が効果的に使われています。何かを感じ取ろうとするものを拒絶するかのように現実を突きつけてくるのです。コーティングを剥がしていくと、最後の最後には、無垢な自分がありました、とはなりません。そういう冷めた表現の仕方が、いっそう現実を際立たせています。彼女らの行動を通して薄っすらと見えてくるのは、せいぜい、つながりへの希求ということになるでしょうか。現実というものの一つの捉えかたとして理解はできます。

本書の終わりを飾る1編「バス」のみ、主役が男性となっています。自伝的な要素が強そうですが、これだけポッカリと浮いてしまっています。穿った見方をすれば何とでもとれそうですが、おとなしく本を閉じてしまいましょう。

出版当時に本書を読了していたらどうだろう。ねちっこい性描写に圧倒されて、やっぱり「エロ本じゃん!」と思ったでしょうか。

なお、本作品は。村上龍ご本人が監督し、映画化されている。バブルとともに、こちらはハジケてしまったのか、評判は芳しくなかったようですね。

1992年公開 二階堂ミホ、加納典明 出演『トパーズ』

本作品が原作の、1992年公開 二階堂ミホ、加納典明 出演『トパーズ』はこちら。

映画「トパーズ」
  • その他の村上龍作品の感想は関連記事をご覧ください。