【本の感想】飴村行『粘膜人間』

本の感想 飴村行  『粘膜膜人間』

2008年第15回日本ホラー小説大賞長編賞受賞作。

本作品は、なんといってもタイトルがすごいですね。秀逸です。

読む前から想像を逞しくさせてくれます。感覚的には、エロチックさをともなった、ヒリヒリした痛々しさというところでしょうか。

本作品には、粘膜人間なるものはあらわれません。執拗に繰り返される残虐描写には、確かに粘膜感覚(?)を刺激されます。粘膜人間とは、あくまで作品世界をあらわす象徴的な意味合いなんでしょう。

中学生の兄弟 溝口利一と祐二は、11歳の義理の弟 雷太の殺害を目論んでいました。雷太は、実母が失踪してから、利一と祐二、そして父親まで暴力で支配するようになったのです。しかし、兄弟は、身長195センチ、体重105キロの雷太になすすべがありません。そこで、利一は、河童に頼んで、雷太の殺害を成就しようと画策するのでした ・・・

暴力嗜好の小学生と河童たちの血まみれの闘いという、超現実離れしたストーリー。戦時中のどこかの村という設定が、セピア色の印象を与えます。河童との契約条件が、人間の女性と”グッチャネ”=性行為をさせること(”グッチャネ”も粘膜的表現だな)。バケモノと不可能な約束をして、望みを叶えてもらおうとするあたり、本作品のベースは典型的なお伽話なのです。

はたして兄弟は契約を全うできるのか。
そして、雷太と河童の闘いの行方は ・・・

本作品は、肉体破壊の表現など、あまりにグロテスクなシーンが多いです。スプラッターすぎて嫌悪感すらもよおしてしまいます。読者の痛感を刺激するという著者の筆力の高さが良くわかるのだけれど、タイトルと過激なまでの爆発力だけが際立っているように思えます。スプラッターホラーは好物だったのだけど、最近、どうにも苦手になってきました。歳をとったってことなんでしょうか。

粘膜人間はシリーズ化されています。次作に手が出るかというと疑問だなぁ。