【本の感想】川上未映子『乳と卵』

本の感想 川上未映子『乳と卵』

2008年 第138回芥川賞受賞作。

主人公 夏子のもとを訪れてきた姉 巻子とその娘 緑子。姉は豊胸にご執心で、緑子はそんな母との会話を拒否しています。母子家庭の母娘の間をつなぐのは筆談だけ。二人の前になすすべなしの夏子の夏の数日が、饒舌文体で軽快に描かれています。

川上未映子『乳と卵』は、大きな出来事は起こりませんが、日常の些細な一コマ一コマに、夏子の脳内を”言葉”が駆け巡ります。母親のわけわからん豊胸手術指向に、緑子は思春期の沸騰する感情を持て余すのですが、その如何ともしがたい思いたけの表現が巧いのです。読み進めると会話の捉え方、ものの見方に夏子のひととなりが表れているのが分かります。言葉の奔流に身をまかせると実に愉快な気持ちになります。ふふふ。

母娘の確執は、母親のテンパリで頂点に達し、バトルへと突入です。なるほど、タイトルの「乳」と「卵」は、ここだったんですね。あらすじ+α(つまり、この感想のような)の紹介では、本作品の良さは分かりません。読んでもらうしかないわけです。

自分が読了した芥川賞受賞作の饒舌文体は、多和田葉子『犬婿入り』です。読点だけで長々と続く文章は、下手をすると読者をはねつけてしまいます。さすがは元(?)ミュージシャン。リズム感があるのですよ。

文庫版に収録されている、「あなたたちの恋愛は瀕死」は、突発的な狂気ともいえる暴力が印象的(というかこれしか印象に残らない)な作品です。旦那はん(阿部和重)の作風に似ていますか。

2019年発表の『夏物語』は、本作品の後日談のようです。いつ読めることやら。