【本の感想】高野和明『ジェノサイド』

本の感想 高野和明『ジェノサイド』

2011年 週刊文春ミステリーベスト10国内部門1位
2011年 第二回山田風太郎賞受賞作。
2012年 このミステリーがすごい!国内編1位。
2012年 日本推理作家協会賞 長編及び連作短編集部門

高野和明『ジェノサイド』は、人類の未来をテーマにした冒険小説です。ミステリ関連の賞を総なめした感がありますね。

ピグミー部族を殲滅せんとコンゴ共和国へ潜入した四人の米国傭兵の活動と、父の遺言を受け秘密裏に創薬の研究をすすめる日本の学生の日々が並行して語られます。タイトルのジェノサイドは大量殺戮の意味ですから、傭兵たちの行動が主軸になりますか。

難病の子供を抱えたジョン・”ホーク”・イエーガーを中心に、傭兵たちは、指令の意図がわからないまま危険な任務を遂行中。一方、東京では大学院生 古賀研人が、何ものかに狙われながら、研究に没頭しています。専門的な教育を受けていない学生が、独力で創薬に取り組むという点は、ハテナ?ですが、ここに疑問を持っては先に進めません。二つに分かれたストーリーの展開に身を任せましょう。全く接点のない話を、読者を立ち止まらせることなく引っ張っていく著者の辣腕ぶりが堪能できます。

驚くべきは圧倒的な著者の知識量です。疑いを差し挟む余地のないほどのたたみ込みに(自分に知識がないだけか)、平伏してしまいました。化学の突っ込んだ議論に巻き込まれますが、理解する必要はありません。流れに乗っかっていけば、分かったような気になります。

ふたつのお話ともに、ピンチピンチの連続で、登場人物たちのうっかりぽっかりに起因するものの、ハラハラドキドキは十分に味わえます。イエーガーらと古賀が辿り着いた真実とは何か。人類の災厄をもたらすもの?、それとも・・・。地理的な距離を超え、ストーリーが合流するあたりでは、おもわず溜息がもれてしまいます。

本作品は、あの傭兵はなぜチームに選ばれた?等、気になる所はあるものの、それを吹き飛ばす熱量の高い力作です。

実際に、現在の人類の未来を変容するものが予見されたら、人々はどういう判断を下すんでしょう。宗教的なものがなければ、まぁ、いいんじゃね?って済んじゃうような気もします。特に、日本人はね。

ポストヒューマンものとしては、サイボーグ009の元ネタ シオドア・スタージョン『人間以上』がすぐれものです。(リンクをクリックすると感想をご覧いただけます)