【本の感想】恩田陸『夜のピクニック』

本の感想 恩田陸『夜のピクニック』

2005年 第26回吉川英治文学新人賞受賞受賞作。
2005年 第2回本屋大賞受賞受賞作。

恩田陸『夜のピクニック』は、賢くてルックスも良い高校生たちが、八十キロに及ぶ歩行「歩行祭」をしながら、愛や友情や憎しみや赦しといった感情がごちゃまぜになった時を過ごすというお話です(この賢くて、ルックスが良いに若干アレルギーがありますが)。

この年代のコらの感情の著し方が上手い作家さんですね。些細な仕草や視線の動きを描写することによって、登場人物たちの戸惑いや沸騰する怒り、深い哀しみを伝えてくれます。「歩行祭」という年に一度のイベントを通して、複雑な家庭環境にいる貴子と融二人の関係性を中心に、彼らを取り巻く人々の思いが徐々に明らかになっていく展開です。

貴子と融のもごもごした振る舞いから、ハテ ?青春ラブストーリーかと思いましたがさにあらず。本作品は、安直な恋愛ものではないんです。このもごもご、実に気になります。ミステリのような、ひっぱり方ですね。

生徒それぞれの、感情的に揺れ動きながらの疲労困憊の末のゴール。ラストの爽快感を読者は一緒に味わうことでしょう。青春小説が好みならば、一読に値します。あぁ、若さって素晴らしい!と感嘆です。

群青色の高校生活を送った自分としては、(八十キロ歩きたいかどうか別として) この手の作品を読むと羨ましくて仕方ないですね。今となっては、読書で補うしかないわけです。

名言がちらほら。抜き出してみました。

だけどさ、雑音だって、おまえを作ってるんだよ。雑音はうるさいけど、やっぱ聞いておかなきゃなんない時だってあるんだよ。おまえにはノイズにしか聞こえないだろうけど、このノイズが聞こえるのって、今だけだから、あとからテープを巻き戻して聞こうと思った時にはもう聞こえない。おまえ、いつか絶対、あの時聞いておけばよかったって後悔する日が来ると思う。

僕たちは、内心でびくびくしながらもギラギラしてる。これから世界のものを手に入れなきゃいけない一方で、自分の持っているものを取られたくない。だから、怯えつつも獰猛になっている。

好きという感情には、答えがない。何が解決策なのか、誰も教えてくれないし、自分でもなかなか見つけられない。自分の中で後生大事に抱えてうろうろするしかないのだ。

2006年公開 多部未華子主演『夜のピクニック』

本作品が原作の、2006年公開 多部未華子主演『夜のピクニック』はこちら。

映画「夜のピクニック」
  • その他の恩田陸作品の感想は関連記事をご覧ください。