【本の感想】吉村萬壱『ハリガネムシ』

本の感想 吉村萬壱『ハリガネムシ』

2003年 第129回芥川賞受賞作。

子供の頃、随分残酷な遊びをしました。

蜘蛛の巣にとってきた蝶を絡ませたり、トンボの尻にクローバを突っ込んで飛ばしたり、蟻を集めて虫眼鏡で焼いたり。子供ながら自分でやっていることに嫌悪感を抱き、ざわめきながらもこの悪行が止められない。酷いことをしているという後ろめたさが、余計、征服欲に拍車をかけたのかもしれませんね。

吉村萬壱『ハリガネムシ』は厭な小説です。

読み進めながら、子供の頃の鬱屈した気分を思い出しました。あの時の行為が、自分の本能によっているのならば、今だに酷いことを求めるなにかがあるのかも。

本作品は端的にいうと欲望をさらけ出した男の物語です。

一度会ったきりのソープ嬢サチコと同棲を始めた高校教師 慎一。慎一は、サチコの容姿に、行為に、言動に嫌悪感を抱きながら、関係を続けていきます。仕事場では、密かに欲情を抱いている同僚の女教師に叱責され、鬱屈した日々を送る慎一。サチコに対して、時には心をどこかに置いてきたような優しさを見せ、時には暴力をもって冷酷に突き放します。

獣のよう性行為は、もっともっと堕ちていく自分を、サチコを通して確認しているように思えます。慎一は、サチコが行方知れずになると、一抹の寂しさにおそわれます。しかしながら、この寂しさは愛とよべるものではないでしょう。自身の所有するものに対する執着に似ています。

カマキリの尻から悶え出てくるハリガネムシは、剥き出しになった欲望を象徴しているようです。厭な気分にさせるのは、理性で押さえつけている暗い部分に、不本意ながら共鳴してしまうからなのかもしれません。

残酷なまでに人間の本質をえぐり出す著者の筆力に感嘆してしまいます。読み切るのに嫌悪に耐えうる精神力を要しますが、他の作品を引き続き読んでみたいと思わせます。

ちなみに、今の自分は虫の類が大の苦手。触るのはおろか、近寄ることもできません。だからといって、本質の部分で変わっているわけではないのでしょうけど。

  • その他の吉村萬壱作品の感想は関連記事をご覧ください。