【本の感想】佐藤義典『売れる数字 組織を動かすマーケティング』

本の感想 佐藤義典『売れる数字 組織を動かすマーケティング』

佐藤義典『売れる数字 組織を動かすマーケティング』では、売れない理由を組織のタテ・ヨコで戦略(経営)、戦術(現場)の「一貫性のミス」であると述べています。著者は、この「一貫性のミス」を解決するフレームとして、戦略実行の4ステップを提示し、事例をもとに解説をしていきます。

ステップ1.戦略 → ステップ2.勝利の方程式 → ステップ3.戦略指標 → ステップ4.独自資源 → (最終成果)

戦略実行を、戦略指標で、せ(戦略)・す(数字)・じ(実行)・評価を回し、一貫性を確保するといいます。著者の経験にうらうちされた、実践思考のものであるだけに、納得性が非常に高いですね。わかり易い語り口が、かえって著者の自信をうかがわせます。 

戦略立案については、本書では詳細に述べられていませんが、”戦略の実行には行動の制限が必要である”という記述には目からうろこです。曖昧な戦略の上で、現場はなんでもやるが、結局、成果に結びつかない というのは良くあることなのでしょう。 

本書のポイントとしては、「勝利の方程式」と「戦略指標」になりますか。「勝利の方程式」は、戦略指標の向上が最終成果(例えば、売上向上)をもたらす成功プロセスとし、組織全体で追いかければ、戦略が自律的に実行される数字を「戦略指標」と定義しています。数値化できない戦略の成果は存在しないと断言する著者には痛快さすら感じてしまいます。「戦略指標」を人事評価に組み込んで一貫性を取るという提言には、またまた首肯せざるを得ません。

短時間で読了できる、戦略実行のエッセンスが詰まった良書です。本書の「プロ野球選手の戦略指標を考察する」は、ものごとの多面的な考え方の重要性を示唆する楽しいコラムでした。