【本の感想】ジェイムズ・クラムリー『酔いどれの誇り』

本の感想 ジェイムズ・クラムリー『酔いどれの誇り』

1984年 週刊文春ミステリーベスト10 海外部門5位 。

ジェイムズ・クラムリー(James Crumley)『酔いどれの誇り』(The Wrong Case)は、 ミルトン・チェスター・ミロドラゴヴィッチ三世(ミロ)シリーズ第一弾です。 

”婚姻の解消”が専門の私立探偵ミロ。ヘレン・ダフィからの依頼は、行方不明の弟、レイモンドの捜査でした。悪態をつきながらも、彼女の魅力に抗えないミロは、調査を開始します。ほどなくして、レイモンドが死亡していることが判明するのですが、次にヘレンは弟を殺害した犯人を捜してくれといいます ・・・

神様が公認している職業 酔っぱらい だけに、主人公が全編をつうじてしらふの状態がほとんどないというハードボイルドです。

メリウェザー(架空の都市)で、遺産が手に入る53歳まで鬱勃として酒を飲み過ごす日々。悪態をつく、キレる、暴力をふるう(でも、強くない)、アルコールだけじゃなくドラックも嗜みます。アンチヒーローぶり甚だしいのですが、このダメさ加減が愛すべき探偵ミロの魅力でしょうか。酒と血の匂いぷんぷんで、読んでいるうちにこっちまで、酩酊してしまいそう。

登場人物たちも普通じゃありません。アンダーグラウンドな世界へようこそですね。1975年の作品ではあるけれど、古さはまったく感じさせることはありません。 

事件の顛末より、ミロや登場人物たち、街の空気感が印象的です。引き続き、ミロの活躍(?)を追っかけてみたくなります。 

若干意味のとおらない文章があるんだけど、読みが浅いってことなのかなぁ。