【本の感想】平山夢明『デブを捨てに』

本の感想 平山夢明『デブを捨てに 』

小学生の頃、肥満児でクラスメートからは、随分、いじられました。中学に入ったら縦に伸びて、どちらかというと痩せてる方にポジションをシフトしたのですが、太る、肥る、デブるに神経質になってしまいました。何故か餅を食べる=デブるとお見込んでしまい、それから今にいたるまで餅を殆ど食べていません。(それでも中年になりたての頃は、おもいっきりデブってたんですが)

そんなわけで、”デブ”という語に、今でもびくびくします、平山夢明『デブを捨てに 』のタイトルは、それを目にするだけで、また育ち始めた腹回りの脂肪をゆすられるアンニュイな気分を味わいます。デブを捨てられる魔法の話か!おっさんになって、またまた強大化したおりは、運動会のときの背中に入れたタオルの如く、脂肪をずるりと一気に抜き取る夢を見たものです。

ですが、想像したのとは違っていて、借金の肩代わりとして、貸主の超絶肥満な娘を捨てに行くというお話し。そのまんまです。収録されている他の作品も同様で、痛くて、気色の悪い作品集となっています。

えせ大麻を売りさばく少年「いんちき小僧」、テレビの大家族ものを揶揄した「マミーボコボコ」、容貌に難ありな風俗嬢と元殺人犯の男「顔が不自由で素敵な売女」とタイトルのインパクトは絶大です。もちろん内容もね。

著者の作品は、ルックスや金銭的な問題を抱えた人々が登場し、どSな差別表現ギリギリのことろまできてしまいます。口悪いわぁ~。しかしながら、本作品集は、嫌悪感だけに終わらないものがありますね。無理やりではあるものの、ラストに些かなほっこり感があるからでしょうか。

最近、じじいになって体を動かすのが面倒になりました。こうすると、幼い頃に蓄えた脂肪細胞のなせるわざか強大化が始まります。デブを捨てなきゃいかんね。

  • その他の平山夢明の感想は関連記事をご覧ください。