【本の感想】平山夢明『デブを捨てに』

本の感想 平山夢明『デブを捨てに 』

自分は、小学生の頃、いい具合の肥満児。クラスメートからは、何かのきっかけでデブを連呼されたり、おっぱいを揉まれたり、随分いじられました。辛かった・・・。黒歴史でございます。

中学に入ったら縦に伸びて、どちらかというと痩せている方にポジションをシフトしたのですが、太る、肥る、デブるのワードにすっかり神経質になっていました。何故か餅を食べる=デブると思い込んで、それから今にいたるまで餅を殆ど食べていません。(それでも中年になりたての頃は、おもいっきりおデブだったんですがね)

平山夢明『デブを捨てに 』。タイトルを目にするだけで、また育ち始めた腹回りの脂肪をゆすられるアンニュイな気分を味わいます。何々、デブを捨てられる魔法の話かい? そういえば、おっさんになって肥大化したおりは、運動会のときの背中に入れたタオルの如く、脂肪をずるりと一気に抜き取る夢想をしたものです。

ところが、本作品は、想像したものとは違います。借金の肩代わりに貸主の超絶肥満な娘を捨てに行くという奇妙なロードノベルなのです。あれれ、そのまんまですね。収録されている他の作品も同様で、痛くて、気色の悪い、いわゆるグロテスクな作品集となっています。

えせ大麻を売りさばく少年「いんちき小僧」、テレビの大家族ものを揶揄した「マミーボコボコ」、容貌に難ありな風俗嬢と元殺人犯の男「顔が不自由で素敵な売女」とタイトルのインパクトは絶大です。もちろん内容もね。

著者の作品は、ルックスや金銭的な問題を抱えた人々が登場し、どSな差別表現がギリギリのことろまで達してしまいます。まったく、口が悪いわぁ~。しかしながら、本作品集は、グロテスクだけに終わってはいません。無理やり感はあるものの、ラストは些かにほっこりするからでしょうか。著者の『独白するユニバーサル横メルカトル』よりは、ずっととっつきやすい作品集だと思います。

さて、自分はこの頃、じじいにさらに近づいて体を動かすのが面倒になりました。こうすると、幼い頃蓄わえた脂肪細胞のなせるわざか肥大化が始まるんだよなぁ。

  • その他の平山夢明 作品の感想は関連記事をご覧ください。