【本の感想】レスリー・デンディ 、 メル ・ボーリング 他『自分の体で実験したい―命がけの科学者列伝』

本の感想  レスリー・デンディ , メル ・ボーリング他『自分の体で実験したい―命がけの科学者列伝』

レスリー・デンディ、 メル ・ボーリング 他『自分の体で実験したい―命がけの科学者列伝』は、自分の体を使って様々な実験を試みた科学者たち(うちひとりはインテリア・デザイナーの女性)。10章からなる彼らの命がけの物語です。お馬鹿な奇人列伝を想像して本書を手にとったのだけれど、いやいや、予想外の感動をしてしまいました。

本書の原題はGuinea Pig Scientists。まさに、モルモットとなった科学者たちの列伝です。

名声、好奇心、使命感、自己実現、はたまた蛮勇か。身体をこわし、命を失っても遂げなければならなかったものとは何なのか。天才たちの情熱が、凡人の私にふりそそいできて胸がアツくなります。やるせないことに、命を賭しても、自己顕示として批判にさらされることもあるといいます。

危険な空気を吸いつづけた親子の章 ジャック・ホールデンの言葉が印象的です。本書に登場する人々の精神に通底しているのだと思います。

危険のない人生は、マスタードをつけない牛肉のようなものだ。だが、私の人生は役に立つのだから、登山や自動車レースのようにただ危険のための危険を追いもとめるのは間違っている

彼らのおかげで多くの人体の謎が解明され、人々が救われてきたのです。本書からは、後世に残した偉人達の足跡を読みとることができます。

本書のコーヒーブレークのちょっとした小ネタが親切丁寧と思ったら、本国では、小中学生向けの本として出版されているとのこと。確かに、子供たちに読んで欲しい本です。

そういえば、海鞘(ほや)を最初に食べた人ってスゲーって話を聞いたことがあります。科学者じゃなくても体をはった人々のドラマは、色々とみつけられそうですね。

  • その他の科学者列伝の感想は関連記事をご覧ください。