【本の感想】本多孝好『MOMENT』

本の感想 本多孝好『MOMENT』

生と死をテーマにした作品はずるい。

はなから感動するということが分かっているにも関わらず、僕は概ね涙腺を緩ませることになります。ネタバレしている手品に騙されるようなものです。理想的な観客ですね。まぁ、涙、涙の物語をご馳走として欲している自分がいることはあるのですが。

本多孝好『MOMENT』は、裏表紙のあらすじを見るだけで泣き所を探してしまいます。期待に体内の水分が目頭に集まろうとするんです。

死を間近にした患者の願い事をかなえてくれる必殺仕事人。大学生の神田が清掃のアルバイトをしている病院には、そんな伝説がささやかれています。神田はひとりの患者の望みをかなえ予想外の謝礼をもらってしまったことこから、負債?を帳消しにするために死に臨む人々のために奔走し始めます ・・・

本作品は、はからずも伝説の人となった神田の活躍を描く、全4話からなる連作短編集です。

苦い後味を残す「FACE」で幕を開け、「WISH」、「FIREFLY」と感涙にむせび、「MOMENT」で清々しさ満開となります。

これらの作品はひとの綺麗にな部分だけを描いているわけではありません。人間の性(サガ)とか業をきっちり見せつけてくれるのです。だから、安らかさを取り戻す人々の最期に大きく心を揺さぶられてしまいます。ひとつの物語りが終わったとき、ナイスガイ神田の精神的な成長をも感じることができるようになります。

癌を再発させてしまった女性 上田さんとの交流を描く「FIREFLY」は、中でもピカイチの出来栄え。サイドストーリを含めて、様々なシーンに祈りが満ち溢れています。会社の昼休みにここを読み終えたのですが、目からも鼻からも溜まりにたまった水分が押し出され、これは外で読んではいけないのだと気づかされました。

神田が上田さんの望みのデートでの会話がとてもステキです。

「言わないのね」
「はい?」
「もう帰ろうって」
「せっかくのデートですから」と僕は言った。「デートを終わらせるのは女性の役目です。引き延ばすのが男の役目」
「まったく世の中って間違ってるわよね」
メニューから顔を上げた上田さんは少し大袈裟にため息をついた。
「どうして君みたいな男がモテないかな」
「決めつけないでくださいよ」
「じゃあ、モテるの?」
「あ、こっちのうどんとかもいいかもしれませんね。夕食にパンケーキじゃ、ちょっと何だし」

とまぁ、本作品集は気の利いたセリフの応酬も楽しめたりします。

『MOMENT』は、7年後 神田と同級生の葬儀屋の娘 森野を描いた『WILL』、そして『MEMORY』と続きます。本作品集では、恋の兆しがうっすらとした神田、森野ですが、はたしてどうなるのでしょう?

  • その他の本多孝好作品の感想は関連記事をご覧ください。