【本の感想】伊坂幸太郎『砂漠』

本の感想 伊坂幸太郎『砂漠』

伊坂幸太郎『砂漠』は、大学生活を始めた北村を中心に、北村を取り巻く鳥井、東堂、西嶋、南ら新入生の交流が描かれた作品です。5人にとって象徴的な出来事が章を分けて四季毎につづられます。

遊び人の鳥井、とびっきりの美女 東堂、奇矯ともいえる思想の持ち主 西嶋、超能力娘 南。主人公の北村は、どこにでもいる男子大学生です。鳥井が名字の頭(つまり東西南北)から、マージャン誘われた北村らは、この時をきっかけに友情を育みます。

何かがなければ深くはわかり合えることがなかった仲間たち。賭けボーリングに巻き込まれたり、強盗事件に遭遇したり、超能力者VS科学者のバトルにかかわったりする度に、絆を強くしていきます。

5人は、表面上ベタベタしているわけではありません。けれど、心の底ではお互いを気遣っているのがひしひしと伝わってきます。

物語の途中、鳥井は心身ともに大きな傷を負ってしまうのですが、残りの4人がいたわっていく様がそれぞれの個性がいきていて微笑ましくなります。鳥井の笑顔が戻ったときは、キュンとしてしまいました。

北村のカノジョ鳩麦さん、通り魔のプレジデントマン、ホスト礼一+ホスト純、幹事の莞爾ら、脇役たちも気のきいた立ち回りを見せてくれます。

お気に入りは、西嶋が東堂のアルバイトをしているキャバクラを訪ねていくエピソード。恋愛にはぶきっちょな二人の行く末は!

本作品を読んでいると、自分の学生時代を思い出さざるを得ないのですが、残念ながらこういう友情を築くことはできませんでした。「砂漠」のまま過ごしてしまったことになりますね。ノスタルジックな感慨に、ジェラシーが交じった複雑な気持ちにさせられます。あぁ、羨ましい。もっとも、強盗事件も発生しなかったし、超能力を使う女子学生もいなかったのだけれど。

北村の思いのとおり、5人の友情が永遠に続くことを願います。

  • その他の伊坂幸太郎作品の感想は関連記事をご覧ください。