【本の感想】中室牧子 、 津川友介『「原因と結果」の経済学』

本の感想 中室牧子・津川友介『「原因と結果」の経済学』

統計データの不正云々が取り沙汰される昨今。仮に統計データが正しかったとして、どれほどのひとが正しくそれを読み解く事が可能でしょうか?嘘つき―!という前に、力をつけることが必要なんですよね(統計データの不正が良いと言っているわけじゃありませんよ)。

中室牧子, 津川友介『「原因と結果」の経済学』は、データの因果関係を導き出す思考法を解説した経済書です。

自分は、データを提示されてもっともらしく説明されると、ほぼほぼ納得してしまいます。真実が見抜けていないということなんですね。悪意がなくともデータを提示する側、見る側に理解が不足していると、誤った解釈がおこなわれてしまいます。

本書を読むと、漠然とわかったつもりになっていた因果関係、相関関係について明快になります。因果関係はどこでも安易に使われており、データを見ていく上では理論として理解する必要があるのです。恣意的なデータの解析に陥らないための思考法は必須でしょう。

「メタボ健診を受けていれば長生きできるのか」、「認可保育所を増やせば母親は就業するのか」等、一般的に正しいとされているものへの誤りを解き明かしている点に興味津々です。目からうろことまではいきませんが、信じて良いかもぐらいの納得性はあります。

本書は読み物的であるので、数学の知識がなくても辛くはありません。別の機会に計量経済学のなんたるかにも触れてみたいと思いますが、一歩前進すると自分のような文系には辛いかもしれませんね。恥ずかしながら、計量経済学という学問は初めて知りました。

前後比較デザイン、反事実、介入群・対照群、差の差分析、操作変数法、回帰不連続デザイン・・・等、ためになるワードが多数記述されています。まぁ、一読ではわかった風になったまでですから、使わなければいずれ忘れてしまうんでしょうけれど。

仕事では、「相関関係はありそうだけど、因果関係はないね!」ぐらい言えるようにはなりました。なんか、イヤな奴になってきたな・・・