【本の感想】エド・キャットムル 『ピクサー流 創造するちから』

本の感想 エド・キャットムル 『ピクサー流 創造するちから』

会社の有志を集って月1回勉強会を行なっています。普段読まない(読まないであろう)ビジネス書を取り上げて、意見交換をし、アウトプットする。いわゆるアウトプット勉強会です(どんなふうに?は、また別の機会に)。

エド・キャットムル『ピクサー流 創造するちから』は勉強会メンバーの中では評判が良かった本です。お値段の割にボリュームがあって、期限内に読みきれなかったメンバーもいたのですが。

本書は、ピクサーの創業者による経営哲学本です。

ピクサー黎明期から、「トイ・ストーリー」をはじめ大ヒット作品を量産する昨今までの奮闘記であり、マネジメントとしての試行錯誤の歴史でもあります。

ピクサーの名前は知っていても、どういう成り立ちで、ウォルト・ディズニーとどんな関係かを理解している方はあまりいないかもしれませんね。コンテンツが良ければ、その制作会社のあれやこれや、内情はどうでも良いのが正直なところ。

本書を読むと、ふむふむ、より一層、コンテンツの価値が分かってきます。やはり、人を感動させるのは、ユーザに見えないところにドラマがあってこそなんです。

科学者である著者が立ち上げた小さな会社が、ジョージ・ルーカスやスティーブ・ジョブズとの出会いを経て、すったもんだの挙句ウォルト・ディズニーの傘下へという、ベンチャー企業の浮き沈みを垣間見ることになります。そういう波乱万丈な環境下で、マネジメント層が社員のモチベーションを如何に高めていったかがドキュメンタリータッチで述べられていくんです。技術者は技術で人を鼓舞していくべきなんですね。創造するちからはモチベーションにうらうちされているのが良く分かります。希代の偏屈者スティーブ・ジョブズとの関係はムネ熱です。(それにひきかえルーカスってどうよ?)

本書の終わりにまとめられている金言の数々は目から鱗で、ここだけでも一読の価値はあります。特に悩める管理職にはオススメです。以下に、いくつか抜き出してみましょう。

よいアイデアを凡庸なチームに与えればそのアイデアを台無しにし、凡庸なアイデアを優秀なチームに与えれば、それをテコ入れするかもっといいアイデアを返してくれる。よいチームをつくればよいアイデアに恵まれる。

ミスを防げば、ミスに対処する必要がなくなるという幻想に陥ってはならない。実際には、ミスを防ぐためのコストのほうが、ミスに対処するコストよりはるかに高くつく場合が多い。

信頼とは、相手が失敗しないことを信じるのではなく、相手が失敗しても信じることである。

並外れて困難な問題に取り組むことで、新しい考え方が生まれる。

「すばらしいアイデアが生まれるためには、すばらしくない段階が必要」なことを理解しない人から新しいアイデアを守ることが、創造的な環境におけるマネージャの仕事である。過去ではなく、未来を守ること。

あぁ、素晴らしい!